高林デンタルオフィス東京TAKABAYASHI DENTAL OFFICE TOKYO

mv

外科的根管治療Endodontics Surgery

外科的根管治療について

このような症状の場合には
外科的根管治療が必要です

外科的根管治療とは、通法の根管治療を行なっても改善が認められない場合や、そもそも通法の根管治療で改善が期待できない際に行われる治療法です。根管は非常に複雑な形態をしています。

特に根の先数ミリは側枝や、根尖分岐と言った特殊な構造により通法の根管治療では対応できない形態のことが多いです。それらの根管形態を持つ歯に対しての治癒を期待するための次の一手です。

外科的根管治療

外科的根管治療中の歯根の切断面の写真

このように細い谷のようになっている根管を、通常の根管治療で対処するのは難しく、限界があるのです

外科的根管治療中の歯根の切断面

外科的根管治療の治療方法について

歯根端切除術 +逆根管充填

外科的に歯根の尖端付近の歯肉を切開、剥離して歯根の尖端に直接アプローチすることで、複雑な形態である根の尖端を削除し根管の形態を単純化し、根の先から根管治療を行う方法です。根の先から根管治療をするので、逆根管治療と呼ばれています。

外科的根管治療中の歯根の切断面

  1. 病変部の周囲の歯肉を切開、剥離し、根の先の病変を露わにします
  2. 病変周囲の炎症を起こした組織を掻き出し、根の先の複雑な形態の部分を削除します
  3. レトロチップという特殊な器具を用いて、根の先から根管治療をします
  4. 根の先から、薬を詰めます(逆根管充填)
  5. 逆根管充填のあと、隙間などがないかマイクロスコープでチェックします。このあと切開部を縫合して終了です。

術後6ヶ月で治癒が得られました。

術後6ヶ月で治癒

 

意図的再植術下での歯根端切除+逆根管充填

骨の厚みや、頬の粘膜の存在、根の先近くの太い血管や神経管の存在により、上記の治療が行えない場合に行われます。上下顎の大臼歯や、太い神経管の出口が近い下顎の小臼歯に適応されることが多いです。

一度抜歯を行い、口の外で逆根管治療をおこなってから、抜いた歯を歯列に戻します。

意図的再植術下での歯根端切除+逆根管充填

  1. 右側下顎第2小臼歯の症例。根尖に触れるかどうかの位置関係で太い神経管の出口があったため、切開や骨の削除を伴う方法が行えなかったので意図的再植術下での歯根端切除+
    逆根管充填で対応した
  2. 周りの組織を傷害しないように愛護的に抜歯を行う
  3. 根の先の複雑な形態の部位を削除する
  4. 根の切断面を染色し、未処置部がないか、歯根破折がないか、その他の治療の予後に影響がある問題がないかを精査する
  5. 根の先から根管治療を行い、逆根管充填を行う
  6. 逆根管充填を行った状態、この後に元の位置に再植する

外科的根管治療を行うことによってみられる改善

外科的根管治療を行うことによって、通法の根管治療で改善不可能な部位の処置が行なえます。

通法の根管治療の成功率は約40%〜80%と言われていますが、外科的根管治療の成功率は90%を超えるとされており、通法の根管治療と併せ外科的根管治療が適切に行えると全体でみて90%近い歯内疾患のコントロールが行なえます

外科的根管治療で大切なこと

どれだけ質の高い通法の根管治療を行っても、改善が見られない歯が一定数あります。これは、術者の技量によるものもありますが、我々歯内療法・根管治療専門医レベルが対応しても改善が見られない場合は主に歯の解剖学的な問題による所がほとんどです。

歯の神経(歯髄)の入っている根管というスペースは非常に複雑な形をしており、通方の根管治療では治療の限界があります。なので、歯の保存のための次の一手として外科的根管治療は歯内療法・根管治療専門医にとって必須の治療技術となります

近年患者様にも歯の保存の重要性の認知が広まってきたと感じており、外科的根管治療のニーズも増えてきている実感があります。

私は外科的根管治療こそがこれからの社会で歯の保存の可能性をあげる事に直結する治療技術だと確信しており、外科的根管治療の必要性、重要性について数多くの執筆や講演を行っています。それに伴い経験も非常に豊富ですので、安心安全納得の治療の提供をお約束します。

上顎右側中切歯に対して行われた外科的根管治療術後4日で、抜糸の際の写真

上顎右側中切歯に対して行われた外科的根管治療 術後4日で、抜糸の際の写真

外科的根管治療後
1年経過時の写真。

外科的根管治療後1年経過時の写真。

歯肉も非常によく治ってくれています。パット見、どこを切開したかわからないくらいになっていると思います。

執筆

  1. ・無理なくできる外科的根管治療導入マニュアル
    2020年 インターアクション株式会社
  2. ・患者と歯科医師を困らせない
    歯内治療 Vital Pulp Therapy、Regenerative Endodontic Treatmentの
    先を考える
    歯界展望 135(3) 433-449
    2020年3月
  3. ・エンド治療Q&A2019 逆根管治療時の止血は、予後に影響しますか?
    歯界展望 134(1) 110-111
    2019年7月
  4. ・エンド治療Q&A2019 逆根管治療時に超音波レトロチップを使用した逆根管充填窩洞形成を行うと、歯根切断面に破折が発生すると聞きましたが本当ですか?
    歯界展望 133(5) 943-944
    2019年5月
  5. ・エンド治療Q&A2019 瘻孔や膿瘍がある症例は、治りにくいですか?
    歯界展望 133(4) 719-720
    2019年4月
  6. ・WHITE CROSS
    ベーシック歯科臨床コーナー
    外科的根管治療を
    臨床にプラスしよう!
    第1回「ここからチャレンジ・上顎切歯」

    外科的根管治療を
    臨床にプラスしよう!
    第2回「もっと保存できる!大臼歯編」

講演

  1. ・初めてでも失敗しない!
    外科的根管治療のすゝめ
    2020年3月19日
  2. ・歯髄腔狭窄を起こした歯に対して
    逆根管治療を行った症例
    第17回歯内療法症例検討会 2020年9月6日
  3. ・クラブダイヤモンド 
    高林正行セミナー
    無理なくできる外科的根管治療導入
    マニュアル発売記念講演
    2020年5月30日
  4. ・Vital Pulp Therapy,Regenerative Endodontic Therapyの先を考える
    第15回歯内療法症例検討会
    2019年8月25日
  5. ・外科的根管治療の適応基準
    第7回歯内療法症例検討会セミナー 2018年3月18日
  6. ・生活歯を含む3歯根尖含有病変への対応
    第10回歯内療法症例検討会
    2017年3月19日

学会発表

  1. Treatment Outcome of Periapical Surgery at the Endodontic Clinic
    YAHATA Yoshio, TAKABAYASHI Masayuki, SAKAUE Hitoshi, HOSODA Syugo,
    MASUDA Yoshiko, MIYAZAKI Takashi
    Dental Medicine Research 33(3) 285 2013年11月30日

外科的根管治療の注意事項

外科的根管治療の後は、痛みや腫れが間違いなく起こります。また、それに関わらず治療後内出血を引き起こすことがあります。術後はなるべく安静にできるようにお約束を調整いたします

高林デンタルオフィス東京TAKABAYASHI DENTAL OFFICE TOKYO

〒112-0002
東京都文京区小石川1-5-1
パークコート文京小石川ザタワー204