高林デンタルオフィス東京TAKABAYASHI DENTAL OFFICE TOKYO

mv

経過観察Follow-up

経過観察について

経過観察の重要性

歯内療法・根管治療後は病状の変化を確認していくことが重要です。

治療した歯がちゃんと治ってきているのかが確認できれば、患者様も私も安心することができますし、もし治療の経過が思わしくない場合は、早い段階で外科的根管治療や、他の治療の選択肢を考えることが出来ます。

経過観察

患歯周囲に新たな問題が出現した際は早期発見、早期治療の提案が行なえます。

患者様が痛みや腫れの自覚が出てくる状態は、病状がかなり進行している事が多いです。治療が複雑化しないように、早期発見・早期治療の為に経過観察は非常に重要です。

高林デンタルオフィス東京の
経過観察の特徴

歯内療法・根管治療後の経過観察は、ズバリ「見て・触って」状況の変化を確認していきます。ただ、見て触るだけではなく、治療時の所見をきちんと記録しているからこそ、変化に気づく事ができます。

また、歯内療法・根管治療の専門医として多くの歯や、エックス線検査画像、コーンビームCT画像を拝見してきました。他院でなんともないと言われた検査所見も、専門医だからこそ気付ける異常があるかもしれません。

歯内療法・根管治療後の経過観察の際は口腔内の診察だけでなく、必ずエックス線検査かコーンビーム検査を行い、検査所見を供覧していただき状況説明を行います。

歯科医院での経過観察の他に生活の中でどういったことに気をつければ
良いでしょうか?

歯内療法・根管治療は感染との戦いです。治療後に残った歯がまた虫歯になってしまわないように、ホームケア及び、かかりつけ医院でのプロフェッショナルケアを継続するようにしましょう。

ご紹介患者様ではない方で、かかりつけ医がいない場合は信頼できる先生をご紹介することも可能ですので、ご相談ください。

経過観察

高林デンタルオフィス東京TAKABAYASHI DENTAL OFFICE TOKYO

〒112-0002
東京都文京区小石川1-5-1
パークコート文京小石川ザタワー204